ストレッチは良いのか悪いのか

0

    ここ最近、ストレッチについて様々な意見を目にしたり耳にしたりする機会が多いので、ちょっとそのことについて書いてみたいと思います。

    ストレッチの効果に関しては選手としての自分の経験はありますが、あまりきちんと調べたことはなかったので、国内外の論文を少し読んでみました。

    自転車に限定された話では無いので、ちょっと探せばたくさん出てきますね。

    いろんな論文があって、それぞれ面白いことが書いてるけどアバウトにまとめると以下のような感じ。

    まずは静的ストレッチに関して。

    60秒を超えるような長い時間ストレッチをするとその部位の最大挙上重量やトルク、短距離スプリントのタイム等瞬発力が低下すること。伸ばす時間が20秒以下ならば低下は見られないとしている実験結果があること。

    ストレッチをしてから競技に似た動きのウォーミングアップをするとパフォーマンスが向上するという実験結果がある。

    筋肉が冷えている状態で静的ストレッチすると怪我のリスクが高まるという実験結果はある。ただし、12週間トレーニング時に20秒×2回のストレッチを続けた実験では、怪我の発生率にストレッチの有無で有意な差はなかった。

    20秒程度以上ストレッチを行えば、筋肉の緊張を和らげて可動域は広がる。

    肉離れの予防にはなる。

    動的ストレッチに関しては、静的ストレッチと違って90秒以上続けるようなストレッチをすると筋力やパワーの向上に効果がある。

    といった感じ。

    ストレッチ全般に関して、

    筋肉痛の軽減にはほんのわずかだけど効果ある。

    筋力増強、筋肥大には効果がある可能性が高い。

    そして、色々な実験がされてきたけど実験によって結果に差があって、まだまだ不明な点が多い。

    なんだか、この一言で全てひっくり返された感がありますが笑

    最大筋力の低下は、筋肉を収縮させるための神経系がリラックスしてしまったのが影響なのかな。



    そしてここからは僕のストレッチの使い方ですが、
    以前、怪我してスジを伸ばしてしまっている足首や手首の一定の角度のストレッチはやっても違和感が大きくなるのでやらないです。しかし、やって効果を感じるところのストレッチは重点的にやっています。

    要はストレッチそのものが良い悪いという話じゃないのかなと。試してみて必要ならやるという考えで色々なやり方のストレッチを使っています。

    JBCF群馬交流戦2Days

    0

      またまたやってきました群馬CSC。

       

      普段はE1カテゴリーを走っている選手たちと一緒に走る交流戦。

      強化レースという位置付けで、獲得できる年間ランキングのポイントは少なめ。

       

      しかし、チームとしてはJBCFのレースにしばらく出ていなかったせいで現在はランキング2位になってしまっているオールイス選手(オーちゃん)に少しでもポイントを取らせたい。なのでマトリックスはオーちゃんを筆頭に佐野さんや向川さん、自分と真鍋リョータの5人体制でこの2日間のレースに臨んだ。

       

      普段戦っている他チームの多くの選手は同時期に開催されるツール・ド・北海道に行っているので、今回マークするべき相手はブリヂストンのみ。彼らも年間チームランキングが1位で今回の群馬ではスピードマンを揃えてきた。

      ここ群馬のコースは上りが短く後ろに付いていれば比較的楽なコースなので、スプリンターでもゴールまで残る可能性がある。

       

      僕らとしては、当然ながらオーちゃんをエースにして勝ちに行く作戦。

      1日目はレース終盤にオーちゃんがアタックしたものの決めきれずに、最後に逃げられた広島の選手に勝たれてしまった。

      残念だったが中間スプリントポイントも獲得して最終的に2位にもなって、内容としては悪くないレースだったと思う。

       

      そして迎えた2日目、

      残念ながら台風が近づいてきた影響でレースの距離が短縮されてしまい、もともとの予定だった150kmから前日と同じ約75kmになってしまった。僕としては長い距離の方が良かったんだけど。。。

      前日の反省を踏まえ、前半から確実に勝つための動きをしていく。向川さんやリョータも集団前の方でうまく動いてくれている。自分の動きとしては、前半から周りの選手の動きに合わせて積極的に逃げに乗って行って、ブリヂストンの選手を消耗させること。そして中盤以降はオールイス選手と共に逃げに乗って勝利を確かなものにするということ。

      予想より早い段階で集団を消耗させることができて、集団からオーちゃんや佐野さんと僕を含む15名程度の逃げを作ることができた。

       

      なるべく速いペースを刻んで、後ろの追走も振り切ることができ、最後はオーちゃんが決めてくれました。

      チームメイトみんなが役割を理解して走ったおかげだと思います。

      Itaru Mitsui

       

       

      2日間応援ありがとうございました。次は新潟・南魚沼でその次は広島で経済産業大臣旗杯とレースが続きます。

      応援よろしくお願いします。

       


      シマノ鈴鹿ロードレース

      0

        日曜日はシマノ鈴鹿ロードレースでした。レースのカテゴリーはUCIでもJBCFでもありませんが、国内コンチネンタルチームがそれなりに揃ってレベルは高いレースです。

        さて、チームの作戦はスプリント力に秀でたオールイスをエースにして、彼を先頭集団に送り込むこと。

        っというわけで、スタート直後からのアタック合戦では、自らアタックしたり他チームの攻撃に合わせて動いていく。


        Photo: チーム公式ツイッターより

        そしてここぞというタイミングで佐野さんとオールイスが入った逃げが完成。

        キナンの選手が3人入っているのは確認できたけど、マトリックスからも強力な2人が入ったので集団に残ったメンバーは後ろで静観することに。

        レース後半にメイン集団がどんどん追い上げる中、最後は僅差で逃げ切ったオールイスが優勝。

        Photo:Itaru Mitsui

        いや強いね。

        しかし、残った選手は、万が一彼がキャッチされた場合のためにスプリントに備えていたけど他チームの選手と絡んで落車しそうになって失速。

        そういえば、日本のレースはコーナーが多いクリテリウムや厳しいコースでバラバラになることが多いこともあって、こういう集団スプリントはあまりやってない気がします。ゴール前の連携は今後の課題かな。


        おおいたサイクルフェス

        0
          週末は大分でUCIレースでした。
          土曜日は大分駅の目の前で1周1kmのコースを使ったUCIクリテリウム。
          チームとしては本番は日曜のロードレースなので、今日は逃げれたら逃げたりスプリントに参加できたらしよう、とにかくトラブルは避けていこうという戦略でした。

          スタート地点に並ぶのが遅かったので最後尾からスタート。コーナーが連続していてブレーキングと立ち上がりの連続のクリテリウムでは位置取りは非常に重要。なので、最後尾からスタートすると、めちゃくちゃ苦しい。途中、他の選手が落車したり遅れていったりするのを横目に見ながら後方で耐えた。その間のレースの展開はチームメイトに任せる形になってしまった。
          そして、レースが3分の1を過ぎたあたりだろうか。2人の逃げが決まると集団は落ち着きを見せたので、その隙に前方に上がった。ずっと後ろにいたのできつい。。。しかし今がアタックするタイミング。良いタイミングで追走を仕掛けて一気に先頭を捉えるところまでペースを上げて踏んでいく。


          8人の先頭集団が完成。意外とあっさり後方のメイン集団との差が開いて、そのまま先頭集団でのゴールスプリントに。
          7位という微妙な結果だったけれど、翌日に向けて幸先のいいスタートが切れたと思う。


          そして翌日曜日は、総距離150km1周約11kmの公道の周回コースを使ったロードレース。
          暑いし、後半にペースを上げるのは難しいので、序盤からガンガン行く作戦。
          というわけで、なるべく前で展開してアタックにも反応してペースアップに加わった。一度スタートゴール地点の坂で8名程度で抜け出して、そこにホセを含む追走がジョインして15名程度の逃げが決まりかけた。
          これを見て「あぁこれは決まる」と思った。次の周に同じタイミングで2回ほどアタックを利用してペースを上げたら今度こそ決まった。すぐにホセと大貴を含む追走も合流して21名の大きな先頭集団ができた。



          よしよし。有力チームはほぼ全チームの選手が乗っていてタイム差もすぐに1分開いた。
          数的にも我々と他のもう1チームは3人で、残りは1人か2人の選手を乗せているチームばかり。今日は勝てるぞ。他のチームも今日は前の集団で勝負をしたいのか21名がほぼ全員しっかりローテーションしてペースを作っていった。
          そしてレースが動き始めたのは残り3周ほど。アタックがかかり始めた。当初の作戦通り最後の勝負をホセに託すべく、自分が動いていく。


          そして良い感じでホセを含む8名が抜け出して、このタイミングで自分の脚が攣った。
          キツい。なんとか第2集団でいく。
          ホセ、あとは頼んだ。。。と思ったら、最終週に入るタイミングでなんと前方に一人で走っているホセが見えるではないか。ホセも脚が攣ったらしい。
          そこからはフラフラになりながらゴールまで。
          僕の13位がチームの最高位という非常に悔やまれる結果でした。途中までの展開が良かっただけにかなり悔しいです。

          暑い1日で身体のダメージもかなり大きかったので、少し休んで次のレースに備えます。

          写真: Itaru Mitsui

          渡良瀬タイムトライアル

          0

            台風が接近してきた週末、栃木と群馬と埼玉と茨城4件にまたがっている日本最大の遊水池の渡良瀬遊水地で JBCFのチームタイムトライアルと個人タイムトライアルが開催されたので、

             

            台風が近づいてきて河川の水位が上昇して遊水池の駐車場やレースで使うコースが浸水する恐れがあったため、土曜のチームタイムトライアルのみの開催になりました。

             

            台風の影響か、渡良瀬はかなりの強風で、チームテントも重りで固定していたにも関わらず飛ばされそうになるほどでした。

            スタート直後、風の影響で落車しそうになったりペース配分が難しかったりしましたが、レース前日と当日の朝もチームで密にコミュニケーションをとって本番に臨んだので、チームワークは取れていました。

            改善点は多々あったけれど、、、。

             

            展開にほとんど左右されない力のみの勝負となるタイムトライアルなので、どのチームもモチベーションは高かったように思います。平均50km/hオーバーのハイスピードな戦いとなり、1位と4秒差の2位という結果でした。

            応援ありがとうございました。

             

            先週は東京→静岡でレースでさらにその前は福島と、移動が多い日々が続いていたけど、

            今週末はレースがないので久しぶりにゆっくりリカバリとトレーニングに集中できます。

             

            次のレースは8月10,11日に大分で開催される大分アーバンクラシック(UCI1.2)です。暑いレースになりそうですが、応援よろしくお願いします。


            | 1/34PAGES | >>

            search this site.

            profileiPhoneImage.png

            Partners








            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << September 2019 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            others

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR