身体の変化

0
    今年は自分がチームでは最年長。そこそこ歳を重ねてきました。

    選手を続けていると身体が以前とは変わってきたことに気がつきます。

    例えば、25歳くらいまでは時差ボケは皆無で、7-8時間くらいの時差だったら気にならなくて、現地に着いて夜になったら普通に寝れましたが、
    最近は、数日間は朝起きれなかったり、時差ボケを少し感じるようになってきました。 逆に以前は気になっていたレース期間中に移動が続くような状況でも、最近はうまく対応できていて変に疲れを溜めないようになっています。

    エリート2年目くらいまでは、マッサージを受けるのもレースの時にチームに合流したときだけしか受けていなかったけど、一度身体を酷使しすぎて怪我してからは(あの時は1ヶ月ほどトレーニングできませんでした。。。) 定期的にマッサージに通うようになって普段のセルフケアにも気をつけるようになりました。


    セルフケアで使っているしゃもじと硬式の野球ボールなんですが、野球ボールの方は昔の有名な選手のサインボールらしいです。物心ついた頃から実家に転がっていたもので、今ではほとんど判別できないほど消えかけていますが。。。誰のでしょう。。。

    青森へ移動

    0
      今週末に開催される全日本の会場である青森へ移動中です。


      青森は愛知からだと、かなり移動時間がかかるので、移動中もコンディショニングには気をつけています。
      具体的には、こまめな休憩で車から降りて少し身体を伸ばしたり動かしたり、水分をなるべく取るようにする等です。

      しかし、それでも身体がむくんでしまうのは避けられず、特に脚がむくむとパフォーマンスに影響が出てしまうので、少しでもそれを軽減するためにコンプレッションウェアを身につけています。
      こういう薄手のハイソックスみたいなものですね。



      ザムスト(ZAMST) ふくらはぎ コンプレッションアイテム LC-1つま先オープン ランニング バスケ Sサイズ 両足入り ブラック 375601
      zamstのこのモデルは薄手で足の指はオープンになっているので、5本指ソックス等の好きなソックスを上から履いたり出来るので、お気に入りです。
      サイズですが、自分の場合はMサイズを履いています。

      特に夏場はこれを履いてハーフパンツを履くと微妙な格好になってしまいますが笑
      そんなに高価なものではないので、活用してほしいアイテムです。

      全日本に向けてコンディショニング

      0

        那須での実業団レースを終え、一旦愛知に戻ってきました。

        来週末の全日本選手権に向けて、次の月曜には全日本選手権の会場である青森の階上町へ向かいます。

         

        愛知で、最後の追い込みの練習。

        全日本選手権は来週末ですが、しっかり追い込んだ練習をするのは今週中です。普段の練習ではチームメイトと一緒に走ることもありますが、今週は一人で行った方がいいメニューなので基本的には一人で練習しています。

         

        しっかり練習するとともに、大事なのはリカバリーということで、昨日はチームでもお世話になっているDissetareさんにお邪魔してマッサージを受けてきました。

        定期的に通える行きつけの所を見つけると、自分では気がつかなかった身体の変化を感じとれるので良いですね。

         

        地元の福山だったら、新屋カイロプラクティックさんですかね。

         

        しかし、しっかりしたケアをするためにマッサージに行くとしても、それと同時に日頃のケアも大事ということで、

         

        イナーメ・スポーツアロマ Recovery(リカバリー)アロマオイル (30ml)

         

        イナーメさんのこういったマッサージオイルをお風呂上がりに塗るだけでも、だいぶ違います。

        自分も色々な種類を試してみましたが、普段使いではこの緑のリカバリーオイルが使いやすいように思います。内容量が少なく感じるかもしれませんが、少量をうすーくポイントポイントに伸ばすだけでも効果があると思うので、小さい方の瓶でもかなり使えると思います。

         


        TOJを終えて

        0

          TOJが終わりました。

          初参戦でしたが、知っているコースもあり知らないコースもあり毎日楽しませてもらいました。

          観客も予想以上に多く、たくさんの方に応援にきてもらって嬉しかったですね。

          その方々の期待に応えるべく、自分の自分への期待にも応えるべく、また練習していきたいと思います。

           

          写真は、最終日の東京ステージ前日の夜にホテルの部屋から見た東京タワー


          TOJ終了

          0
            山岳コースで勝負するのが難しい富士山と修善寺は着いていけるところまでは着いて行って、あとは回復に努めながらゴールまでたどり着く。 そして、最終日の東京 平坦な110kmで、チームメイトの岡本も渡辺もスピードとスプリント力があるのでスプリントで勝利を狙っていく作戦。 途中、15名ほどの逃げに渡辺とともに乗ることが出来たが、残念ながら数周逃げた後に集団に吸収されてしまった。 そして、その後にできた大逃げにチームからはだれも乗ることが出来ず、後手を踏む展開に。 早川と渡辺に集団牽引に加わってもらったものの、ゴールでギリギリ追いつかず岡本は集団先頭の12位でゴールした。 残念ながら結果を残すことは出来なかったが、岡本は集団先頭でゴールできたし、彼らとスプリントでの連携を初めて試みて、いろいろわかったことがあったので、次のレースで活かしていきたい。 8日間応援ありがとうございました。 次は木曜日から始まる和歌山県のツールド熊野に参戦します。 今後とも応援よろしくお願いします。

            | 1/22PAGES | >>

            search this site.

            profile

            Sponsor










            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            others

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR