寒さで思い出す。

0
    いやー寒いですね。
    そして寒い日に寒い山の方に練習に行ったおかげで今日のライドの平均気温は1度でした。。。
    OGKの冬用グローブが快適すぎて、意外と暖かいのか?と勘違い。素手でもいけるんじゃないかと思ってグローブをとって走ってみたらすぐ限界に。そりゃそうだ。


    さて、こんなにも寒いとU23のときアメリカにいたことを思い出しました。2009年かな?
    コロラド州ボルダーという所に住んでいたのだけど、10月はじめごろだというのに、外気温はマイナス10度を記録。 ローラー台を持っていない僕はメニューをやるために外に走りに行きました。
    路面は乾いてたから、凍結もなく乗れたんです。

    いざ走り出してみると上りを全力で駆け上がっていても冷える冷える。1時間ほどでもう限界。ブレーキも変速も出来ないほどに手がかじかんで、続行は不可能。死にそうになりながら帰宅すると、手がかじかんで玄関のドアの鍵穴に鍵をさせない。外は極寒。早く家に入りたいのに入れない。
    両手を使って「うぉー」と叫びながらなんとか鍵を差したが、その先、何をどう頑張っても鍵を回せない。
    最後は歯で鍵を挟んで回しました。
    同居していたシェアメイトのアメリカ人には、「こんな日に自転車なんて死ぬぞ。」と怒られました。

    あの頃は今以上に元気だったな。あれからウェアは進化してて更に快適に走れるし今日は寒くても0度くらいだったのに寒い寒いて言いながら走ってるもんな〜


    さぁ、明日も寒いだろうけど、あの頃よりはだいぶマシ。がんばろう。

    今日は練習中に鹿に会ったよ

    0
      昨日までの寒さとは打って変わって、今日は少し霧雨だったのに素手でも走れるくらい暖かかったですね。

      そして、今日はその暖かさに誘われてから練習中に子鹿やイタチに出会いました。静かな山の中で急に物音がすると少しびっくりしますよね。。残念ながら彼らとの写真は撮れなかったけど、自然溢れる良いところで練習出来ているありがたみを感じました。

      さて、シクロクロスに参戦はひとまず終わって、本格的にロード練習に集中しています。今年は今までになく、すごく内容のある練習が出来ています。
      まだまだやる事が沢山あって、寒さも厳しくなっていくけどぼちぼち頑張ります。

      全日本シクロクロス 当日編

      0

        さて、気持ちよく朝を迎えて、外を見た瞬間にそこに広がっていたのは素晴らしい雪景色。。。

        ありゃま。。。

         

        コースは雪に覆われて前日にあれだけしっかりやった試走もほとんど意味をなさず、レース前の試走時間にまた改めてコースを確認。

        晴れていればスピードの出るパワーコースだけれど、女子のレースを見ていると、下りでもペダルを回さないと進まないほど進まない路面で、自転車を降りてランニングする区間もかなり多い様子。

         

        空気圧も改めて設定し直し。色々な走り方をトライして、走る区間や降りて押す区間をあらかじめ決めた。

         

        寒くて体も冷え切っていたので、ウォーミングアップもいつもよりちゃんとした。

         

        ゼッケンは30番。

        4列目?かな?

         

        相変わらずスタートは苦手で、100mちょいのアスファルトの登りではちょっと交代して雪区間に突入。安定の落車が発生したので、バイクを降りざるおえず、そこから怒涛のランニング。

        みんな踏み固められたラインの上を並んでランニングしているが、それでは前に上がれないのでその脇のフカフカの新雪の上を気合いで進んで前へ前へ。

         

        バイクに乗れる区間もあるけれど、少しでもラインを外すとスタックして走れないので、追い抜く→抜けるとこまで待つ→追い抜くを繰り返ししていく。そして時々ミスして逆に追い抜かれる笑

        2周くらいかけて13番手くらいまで上がれたので、さぁ頑張るぞっというところで残り周回が決定。

        シクロクロスという競技は、もともとルールで約1時間という競技時間が決まっていて、スタート前には周回数は決まっておらず、スタート後のレース序盤のラップタイムから逆算して、レース中に残り周回数が発表されます。

        雪でスローペースになったので、周回数も少なめになったけどそれでもいつもより短く感じた今回の全日本。あとから聞いたらどうやら本当に短かったようで、あと1周多くてもよかったのでは?という話もあったけど、刻々と変化していくこのコースで、選手が走って雪をかき分けたお陰でどんどん走りやすくなっていって、レース後半になればなるほどラップタイムが上がっていったからしょうがない気がする。

         

        徐々に順位を上げていって後半になればなるほどミスも減っていってスムーズに走れるようになった。とにかくラインを外さないことを意識して走るだけなので、体力的に追い込むというよりずっと自分の動きに集中している感じ。

        そして最終周回に入る時点で10位。9位を走る選手も目の前に見えてきた。

        しかし、最後の半周で最後のピットを通過中に前輪がパンク。。。ゴールまではまだもう少し距離がある。あーあ。。差を詰めれらない。最後はスプリントまでもっていけずに10位のままゴールしました。

         

        しかし無事にゴールまでたどり着いたし、とってもとっても楽しい1時間でした。

         

        ロードバイクでのトレーニングで考えていた体の使い方も確認できたし、この冬は来季に向けて良い準備ができそうです。

        しかし経験豊かなスタッフさんからは「亮平はテクニックがな〜笑」というお言葉を頂いたので、下手っぴぶりを発揮してしまったレースでもあったようです笑

         

         

        そして、レース中はコース上のいろんなところで、名前を呼んで応援していただいてありがとうございました。

        走ってる側の僕は動いているので暖かかったですが、じっと立って応援してくれている観客のみなさんやスタッフは大変だったと思います。ありがとうございました。

         

        写真はナオキッテルさんから!いつもありがとうございます。


        全日本シクロクロス 前日編

        0

          週末は滋賀県の琵琶湖近くのマキノ高原で行われた全日本シクロクロスに参戦してきました。

           

          全日本は受付や監督会議や試走が前日に行われているので、レースは日曜日ですが土曜日に会場入りすることに。

           

          試走や受付は午後。お昼頃に会場入りすれば十分すぎる時間があります。

          そしてここは琵琶湖。行くしかないですね。

           

           

          やってきたのはレース会場近く、北湖西岸。

          北湖は初めてきましたが、いつも自分が行っている南湖と違って水も綺麗で釣り人も少なくて気持ちいいですね!

          しかし、初めてのフィールドで、どこに行ってもいいのかわからず6時から11時過ぎまでウロウロしてましたが、結局釣れず。。。今後のために情報収拾をと思って周りにいた釣り人に聞いても釣れてない様子。

          意気消沈して、お昼ご飯を食べてレース会場入りしました。

           

          試走や受付、大変スムーズに終わって自然と拍手が湧いた監督会議(笑)に参加。

          ちなみに僕が所属している愛三工業レーシングチームはロードチームなので、種目の違うシクロクロスは個人で参加させてもらっています。自費で準備から何から全て自分で。スタッフもいません。会場でのサポート必須なシクロクロスで単独参戦は辛いため、昨年に引き続き今年も東洋フレームの皆さんのところにお邪魔しております。ありがたいことに機材のサポートもして頂いています。

          洗車やメンテナンスなどレースに集中できるようにサポートまでして頂いて、感謝感激。

           

           

          そして朝4時半起きで1日中動き回っていたため、夜はすぐに睡魔が襲ってきて、熟睡。

          気持ちよく日曜日を迎えることができました。

           

          当日編へ続く。


          UCIマキノ

          0

            先週末は滋賀県の琵琶湖近くのスキー場マキノで行われたシクロクロスのUCIレースに行ってきました。

            先週の野辺山で頑張ったおかげで今日のゼッケンは27番になりました。

             

            前日まで愛媛に行っていてトレーニング出来ていなかったので、スイッチが走るまで少し時間がかかりましたが、最後には何とかエンジンがかかった感じです。

             

            重い芝生の路面は全く問題ないのですが、スピードが速いのでギャップのいなし方だったり踏み方だったり体の使い方が難しかった。

            とにかく力技って感じで綺麗な走りではありません。ただただパワーロスをしている印象。レース途中バイクトラブルになってしまいましたが、スタッフのみんなに助けてもらって何不自由なく復帰できました。ありがたや〜。

             

            レースでは追い込むには追い込めましたが、まだまだ辛さの海の深くに潜ってはいけない感じ。そういうトレーニングをしていないので当然といえば当然ですが。

            今年はロードシーズン終了後にしっかり休んで、トレーニング再開してから1週間に1回のシクロクロスでうまく体に刺激を入れられているので、いいトレーニングになっています。

            全日本クロスにも無事に出られるみたいで良かったです。

             

             


            | 1/30PAGES | >>

            search this site.

            profile

            Sponsor














            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << January 2019 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            others

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR