福島の石川ロードからの千葉そでがうら

0

    今さらですが、

    日曜は福島県で開催されたJBCF石川ロードに行ってきました。

     

    車で大阪から福島まで移動しましたが、これは今シーズン一番長い移動になったのではないでしょうか。

    前日も少し雨が降る中、軽く練習に行きましたが、レース当日もしっかり雨が降っていました。

    幸いなことに寒くはなく、走りやすいコンディションだったと思います。

     

    そんなこんなでスタートしましたが、今回初参加で試走すらしていないので、スタートしてからしばらくは様子見。

    上りはそんなにきつく無いよという話だけは聞いていたけど、いや確かにそんな斜度はないけど長いなおい。パレード走行を終えてリアルスタートになった瞬間からアタック合戦が始まって、逃げが何度か決まりそうになるが、すぐには決まらない。チームメイトが集団前の方で動いているのが見える。そしてレースは1周進んで、2回目の上りへ。

     

    上りの下の方で逃げようとしたグループが集団にキャッチされたタイミングで、動いたら単独で飛び出す形になった。独りでも良いかと思いながらペースで踏んでいると後ろから、追走が追いついてきてくれて逃げが完成。

    マトリックス、シマノ、キナン、UKYO、BS、ナショナルチームが各1名づつで、力も揃っていたので非常に良いペースで逃げることができたと思う。

    Photo: Itaru Mitsui

     

    しかし、宇都宮ブリッツェンがコントロールする集団とのタイム差がずっと40秒差から動かない。

    むー、苦しい。

    途中の中間スプリントポイントはなんとか1回獲得したけど、結局最後は集団に吸収されてしまいました。

     

    ホセがラスト1kmでアタックしたけど、決めることができずになんとか粘って4位でゴール。

    結果的にチームが表彰台に上がれなかったのは悔しいけれど、チャンスを掴み取ろうと挑戦できたレースではあったと思う。

     

    にしても、この逃げ集団の写真、めっちゃ楽しそう。

    Photo: Shizu Furusawa

     

    そしてそして、レースが終わったら即移動して

    次の日は千葉県のそでがうらでチームのイベントでした。

    あいにくの雨でしたが、なるべく参加者の皆さんがトラブルなく走れるようにサポートさせて頂きました。

     

    Photo : Airan Fernandez

     

     

    さて、今週末は2020年東京オリンピックに向けてのプレオリンピックテストイベント「Ready Steady Tokyo」です。

    テストイベントで距離は180km程度になっていてオリンピックの時より短縮されているといえど、東京をスタートして富士山周辺を走るのは本番の東京オリンピックと変わりませんし、UCI2クラスの大会になっていて各国からナショナルチームが派遣されてコンチネンタルチームも参戦します。

    国内でこの規模のレースはなかなかないので、楽しみです。


    JBCF広島 Day2

    0

      日曜日は広島市内の商工センター周辺で行われたクリテリウム

      1周が2km以下の非常に短いコースで、その分多くの周回を重ねるクリテリウムは観戦しやすく、このように街中でやってくれると観客も増えるので応援する側はもちろん走っている側もテンションが上がる。

      土曜日の広島大学周辺で行われたロードレースも同様だけど、こうやって新たに良い場所でレースが開催されることは非常に嬉しい。

      何と言っても広島は自分の地元でもある。

       

      レース関係者からは、「小森は広島の感じあんまりないよな」という言葉を時々聞くけれど、自分でも確かにそう思う。

      ロードレースを初めてすぐにフランスへいってしまったし、影が薄いのかもしれない。

      だからチームプレゼンテーションで「僕も広島出身ですよ応援してください」とアピールしようと思っていたのに、すっかり忘れていた。

       

      レーススタート直前には、昨年の西日本豪雨で被害に遭われた方々に会場にいる全員で黙祷を捧げた。あの豪雨では、幸いなことに僕の実家は無事だったけれど、昔からよく走っている近所の練習コースがことごとく潰れていたりして被害の大きさは肌で実感していた。

       

      そして、暑い中レースがスタート。走ってみるとカラッとしていて意外なほど涼しさを感じる。

      スタートが大事なクリテリウムで最後方からスタートしてしまって少し出遅れたけど、2周ほどかけて集団前方まで出る。で、先頭から3番手でコーナーを曲がって、チームUkyoの吉岡選手がアタックしたので反応。それがあっさり決まった。

       

      少人数でかなり苦しかったが吉岡選手が強力に牽引してくれたし、かなり良いペースで逃げ続けることができた。

      中間スプリント賞も獲って、最後の最後ギリギリまで逃げ続けたので敢闘賞も獲得することができた。

       

      チームメイトのホセがスプリンターではないにも関わらずしっかり5位に入ったし、ダイキも相変わらず元気に動いていたしアイランも怪我から着実に復調しつつある。

      ポディウムでは、スタート前に言い忘れた地元アピールもちゃっかり出来たし、良い遠征になった。

       

       

      暑い中たくさんの応援ありがとうございました。

      次週は福島県の石川ロードです。またネットでのライブ配信もあると思います。応援よろしくお願いします。

       

      写真:Itaru Mitsui様


      JBCF広島 1日目

      0
        JBCF広島
        土曜日は広島大学周辺の周回コースで行われた90km程のロードレースでした。
        序盤からできた逃げに佐野さんやホセが乗ってチームとしては悪くない展開で後半に備えましたが、最後の最後でブリッツェンの岡選手に行かれてしまい、最後はホセを6位に送り込むのが精一杯でした。とはいえ自分も調子は悪くなく9位でゴールして、ダイキもメカトラがあったものの調子はかなり良さそうですし、狩野先輩も後半飛び出したり向川さんも牽引に加わってくれたりして他のメンバーも元気よく走ることが出来ました。
        本日日曜のレースは広島市内の商工センター周辺で行われます。チームイベントのはりちゅうサマーエンデューロの裏大会なので、スタッフや選手は昨日より少し減りますが応援よろしくお願いします。


        Photo: Shizu Furusaka

        全日本

        0

          今年も全日本が終わりました。

           

          前日のミーティングでは、チームとしては選手一人一人が自分のチャンスを狙っていくというざっくりとした感じで。

          自分としてはおそらく調子も悪くないしコースも好きな感じだなという思い。

          「恐らく」というのは、実は2週間前の群馬のレースで体調を崩してしまって、十分に練習ができないことがあったから。しかし、その後すぐに回復して直前のAACAカップでもまぁまぁ走れていたので行けるだろうと考えていた。

           

          レースの方はというと、どのチームも後手を踏みたくないので、序盤から激しい展開でなかなか集団が落ち着かなかったけど、チームメイトのダイキも序盤から積極的に動いて見せ場を作ったと思う。

           

          みんなが注目しているユキヤさんと別府選手はもちろん強かったし、このレースで最終的に優勝した入部選手を擁するシマノやブリヂストン、ブリッツェンは個々の力もあるうえに要所要所で組織的に動いていて、チームとしても力を持っていたと思う。

          全日本選手権という独特の雰囲気を持ったレースだった。

           

          そして僕自身はというと220kmという距離は問題なかったけど、ここぞという場面でのパンチに欠けていたと思う。

          17位という結果は残念だったけど、これをモチベーションアップに繋げて次のレースも頑張ろう。

           

          最後になりましたが、悪天候の中、応援ありがとうございました!

          次のレースは週末のJBCF広島です。土曜と日曜の2日間で地元レースなので楽しみです。

           

          写真:Itaru Mitsui


          Giro "Red or Blue?"

          0

            実は今はGiroのシューズを履いています。

            チームメイトの佐野さんが履いているのが気になって、ちょっと試したのがきっかけで履き始めました。

             

            初めは赤いProlight Techlaceというモデルで、これがもうめちゃくちゃ軽いんですよね。

            僕は普段26.5cmなんですが、Giroのシューズは42をチョイスしました。ちなみにスペシャライズドもシマノもSIDIも42です。ハーフサイズ下げるとつま先が微妙に当たってしまうくらいのサイズ感です。サイズ選びの参考になれば。。。

             

            サイズ42でインソール無しのシューズ単体でこの軽さ。

             

            ソールの形もすごく気に入って、アッパーの固定方法も紐で締めるという一見ローテクな固定方法ですが、これがまた良い感じ。紐って固定力弱いんじゃないかという不安はありましたが、全くそんなことはない。Boaやラチェットみたいにクリック感を感じながら調整できないので慣れるまでは微調整が難しいですが、慣れれば自在に調整できるし良い感じ。

            アッパーの素材は伸びにくいけどしなやかにフィットして、通気性も抜群という素晴らしい素材。

            最初に大阪のとあるショップで見たときに、あ、これ良いなぁーとなったわけです。

             

            で、しばらくそれを履いていたのですが、新しいモデルが出たとのことで早速GET。

            Empire SLXです。

            赤いProlightと青いEmpire

             

            アッパーの素材は同じで、メッシュの配置とシューレースの使い方が微妙に違いますね。

             

            そして、ソールも違います。

            TexremeからEaston  EC90 SLXに変わりました。ですが、こうやってみると形は同じですね。

            ん?Texremeの方も踵のゴムが交換できる仕様だ。これって前は出来なかったよね?。。。まぁ良いか。

             

            履き比べてみると、圧倒的に新しいEmpireのソールの方が硬いです。

            つま先部分のボリュームもEmpireの方が大きい印象です。一つサイズを下げても良いかもしれません。

            重量は、若干Empireの方が重いです。

            ですが、それでも180gなのでその辺のロードシューズよりもずいぶん軽いです。

             

            何より一番は、Prolightと同じアッパー素材を採用していること。

            この素材は手で触ってみると和紙みたいなゴワゴワシワシワ感あるけど、すごく良い。

             

             

            ブルーは外の光でみるとこんな感じの色で、良い感じで目立つ。

             

             

            そういえば佐野さんはこの黒いFactor Techlaceというモデルを使っているみたい。

             

             

            写真じゃわかりにくいけど佐野さんの足でかいなー


            | 1/33PAGES | >>

            search this site.

            profileiPhoneImage.png

            Sponsor







            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            others

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR